おなか端麗とその副作用

おなか端麗は便秘解消に高い効果があると話題のサプリメントですが、効き目が強いと心配になるのが副作用です。おなか端麗には、副作用はあるんでしょうか?

 

 

このおなか端麗は、確かに便秘に優れた効果を発揮しますが、下剤や市販の便秘薬とは違って自然な便通を促進して便秘を解消します。

 

このため、便秘薬などを使った後に来るイヤな腹痛に悩まされたりすることがありません。体に負担のかからない、うれしい便秘改善薬なんです。

 

 

とはいえ成分や副作用について心配な方もいらっしゃると思いますので、おなか端麗についてそのあたりを少し見ていきましょう。

 

 

まずおなか端麗の成分です。おなか端麗の成分には天然成分だけが使われていて、便秘に高い効果を持つ食物繊維がふんだんに配合されています。

 

成分としては、「プランタゴオバタ」(オオバコの一種で、90%以上が食物繊維)、「パントテン酸」(ビタミンCの働きを促進する)、「タイソウ」(ナツメ果実を乾燥させたもの)の3つが配合されています。

 

 

では、天然の成分ということならおなか端麗には副作用はないんでしょうか?

 

残念ながら、おなか端麗にも副作用はあります。以下の点については気をつけて下さい。

 

 

まず、「プランタゴオバタ」の副作用について。先ほど紹介しましたように、この植物はオオバコの一種です。従って、オオバコにアレルギーを持っている方の場合アレルギー症状が出てしまう可能性があります。

 

 

次に、「タイソウ」についてですが、このタイソウは漢方薬でもよく見かけます。タイソウが配合された漢方薬を飲んで具合が悪くなった経験があるような方の場合、やはり何らかの症状が出る可能性があります。

 

 

おなか端麗には天然成分のみが使われていますが、それでもまったく副作用が出ないというわけにはいかないようです。

 

 

上であげたようなアレルギーなどがないのであればまったく問題なく服用できると思います。しかし、飲んでみて下痢が続くような時には、少し間を開けて利用するなど、様子をみながら使うようにして下さい。

 

こうした点に気をつけて、おなか端麗の高い効果を体験しましょう。

 
おなか端麗の詳細情報は、以下の画像をクリックしてご確認ください。




 
 

Both comments and trackbacks are currently closed.