出産が近づくと便秘をしやすくなる理由

妊娠している方の中には、便秘に悩んでいる方が多いと思います。出産が近づくと、何日も便通がなく便秘に苦しんでいるというお母さんも多いと聞きます。

 

出産が近くなったころに便秘に苦しむようになる女性は、妊婦さん全体の7割にも及ぶという話もあります。

 

こういう方は、最終的にはお医者さんに相談して便秘薬を出してもらったりして対応しているのでしょうけど、やっぱり出産近くにお通じがないのはつらいと思います。

 

 

では、どうして出産が近づくと便秘をしやすくなるのでしょうか。

 

そうした便秘についての原因を探ってみました。

 

 

考えられる原因の一つ目は、赤ちゃんが大きくなることで腸が圧迫されてしまうことです。

 

赤ちゃんがおなかの中で大きくなれば、当然ですがお母さんのおなかの内臓を圧迫します。

 

腸が圧迫されるために便が滞留して、便秘が起きやすくなってしまうんです。

 

 

考えられる原因の二つ目は、ホルモンです。

 

もともと女性は男性に比べて便秘が多いと言われますが、特に妊娠したり整理の時に便秘になる人が多いようです。

 

これは、そういった時期にホルモンが過剰に出てしまうことで、腸内の水分が体に吸収されすぎてしまい、結果として便秘になりやすくなるのだそうです。

 

 

考えられる原因の三つ目は、つわり。

 

つわりはほんとうにつらくて、それが原因で食生活が偏ってしまったり、そもそもほんの少ししか食べ物を食べられなくなったりします。

 

頑張って食べても吐いてしまったりして、結局食べ物を食べられなかった、などということもありますよね。

 

こうした食生活の偏りや、便の元になる食べ物の量が減ることなどで、便秘になりやすくなってしまうのだそうです。

 

 

出産が近づくと便秘をしやすくなるのにはいろいろな原因があるんですね。

 

妊娠していると下剤が使えませんから、便秘してしまうとたいへんだと思います。

 

 

便秘することで体に良くないものがたまって赤ちゃんに毒なのではないかとか、いきみすぎて破水してしまわないかとか、いろいろ不安になってしまいますよね。

 

やはり、便秘になりにくい工夫をふだんからしておくことは大事なんだと思います。

 
おなか端麗の詳細情報は、以下の画像をクリックしてご確認ください。




 
 

Both comments and trackbacks are currently closed.